TOKUsan経験『マネジメント ~良いゲームを作れ!~』

f:id:Vitalize:20200205152448j:plain

エンジニアは簡単に潰れる。
他職種と話していても、よく聴く話だ。

  • 意義・成果を感じにくい
  • 個人での作業が多く、精神的に詰まりやすい

  • セルフコントロールの苦手な人員が集まりやすい

  • 労働集約的な、言葉選ばなければ、苛烈な仕事がある

 

私も今まで各職場で努力してきた。
個別事例では、救いきれなかった人・チームも片手で収まらない。

上のどれも、真実であったりはするし、 大概は複合的だ。そして、今、乱暴に一言でまとめてしまうなら 「本人が、そして私が、いいゲームを作れなかった」 時だ。

ゲーミフィケーションという学問がある。仕事を、作業が「つまらない」としたら、 それは自身で「ゲームを作れていない」ということ。プロジェクトで、チームで閉塞感や退屈感があったり、加速できてないメンバーがいるならば、チームゲームが作れていないということ。

会社も然り。
私は、ギルマス兼ゲーム製作者。
茅場昭彦でありたい。
(人殺しはしないパターンで)

ゲーミフィケーション

いろんな定義があるらしいんだが、私が乱暴に言うと、 「人間の没頭と集団心理を科学し、実践する」学問。
ゲーム理論 とはちょっと違う
詳細は専門家、特に↓のジェイン・マクゴニガル女史(ドクター)にて。

幸せな未来は「ゲーム」が創る

幸せな未来は「ゲーム」が創る

 

ゲーミフィケーション×仕事

  • 仕事は大きなゲーム。
    やることやらないとあかんけれども、死ぬことはない。
    リカバリーはいくらでも効く。
    和田さんもよく言うように、「このご時世、たいていのことはどうにかなる」
  • エンジニア的な仕事は、ちょっとした集中・ちょっとした進め方で、容易に10倍・30倍の成果が出る。ハイスコア・トップクリアを目指す
  • 我々のゲームはソシャゲに近い。

  • 一つ一つの仕事は、開始と終了があり、いかに短時間で(高品質・高精度に…)こなすか、というMISSION

  • 粛々としたアイテム集め、スキルアップ、ボス戦… ほんと全部乗せですね。
  • いい有料アイテム(ツールとかマシンとか)買えば、効率あがったりもするよね。
  • テンポ悪くて進まないMISSIONは、心萎えるよね。
  • 慣れて飽きてきたら、「ハイスコア」「低レベル」「最短」あたりで制約付けてすすめればいいよね。
  • でも、先輩たちは、Newbeの狩場荒らしして、狩り尽くしとかしないように。
    ちゃんとレベルにあった課題を見つけて戦おう
  • 不慣れなうちは、「どうやってゲームを楽しむか」「どうやってゲームにすればいいか」がわからない。
    → ここはメンターや先輩の大事なお仕事ですね。

  • PRJは、ちょっと息の長いパーティー戦。

  • パーティバランス大事
    全員バーサーカーだったら、短期決戦しかできないよね
    町まで帰ってこれない炎上案件だねw
  • 一緒に没頭するためのトークづくり
    知らない人のサポートはできないよね。
    あいさつや感謝は大事。
    自分のパーソナリティ、コミュニケーションパターン、得手不得手はしっかり共有していこう。
  • ダンジョン入る前の作戦立案
    バトル中のサインであったり、事前情報の共有であったり、撤退時の動き方・フォローし方とか。
    壁役が先に逃げちゃったら、マジシャン全滅するだけだしね。
  • お互いに集中続けるための時間設定
    「おむつ & カロリーメイト」って訳にもいきませんよね。長いし。
    トイレ休憩・飯…人間なんでいろいろありますよね。
  • ここらへん整えるのは主にPL(party leader)。
    だけども…その職責は明確でないよね。
    各自意識的に、自発的に動いていこう。

  • 会社も同じ。
    大きくはギルド。うちの会社はまさにそうだよね。
    でもゲーム自体を作るという意味で、ゲーム制作側にも近い。
    というわけで、萱場明彦。
    (ナーブケーブルは焼き切ったりはしません。大丈夫)

  • いかに面白いダンジョンを用意するか
  • いかにタイミングよくイベントを開くか
  • ソーシャルのランキングイベントとか
    Vizapとかとか? 全社呑みも近いかな

仕事は仕事だけれども、
自分で仕事を楽しもう。

格物致知正心誠意
修身斉家治国平天下

まずは、自分(の仕事)を活性化(Vitalize)しよう。

すべてはそこからだ!

株式会社Vitalize